便秘解消にヨーグルト

以前からヨーグルトは「おなかによい」といわれてきました。
その中でも近年注目を浴びているのが、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌です。
ビフィズス菌と一口にいっても、その種類は様々です。

ヨーグルトには、腸内環境を整える働きがあります。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸まで生きて届かないといわれますが、全ての乳酸菌が届かないわけではなく、届く乳酸菌が悪玉菌が増えるのを抑制します。
そして、生きて届かなかった乳酸菌は、もう活動しなくなった悪玉菌の残骸を排出する役割を果たします。

ヨーグルト全般の役割は上記のようなものになり、そこから更にビフィズス菌にはそれぞれ特徴があります。
ビフィズス菌により長く腸に留まる特徴や、胃での耐性の度合いが高いという特徴のほか、胃の病気から守る役割や免疫力向上効果、腸内のビフィズス菌を増やす、抗アレルギー作用、美肌作用などがあります。

また多くのヨーグルトにおいて、便秘やおなかのゆるさのどちらも改善される整腸作用があります。
ヨーグルトにより、比較的早い段階で便秘が改善されたといわれるものもあります。
便秘改善などヨーグルトの特徴を見た上で体質に合ったものを適度に摂取し、おなかの調子を整えていけると理想的です。
こちらの便秘になる原因についても参考にご覧ください。