便秘解消に納豆

納豆は食べれば即刻お通じがくる、というわけではありませんが、定期的に食べることにより、効果が期待できます。
早ければ納豆を食べた翌日のお通じで便の出方や質の違いで効果を感じますし、二日、三日後に効果を感じることが大半です。
納豆には豊富な食物繊維が含まれています。
食物繊維は硬い便を防ぎ、柔らかく出やすい便にする働きがあります。

納豆にはオリゴ糖が含まれています。
このオリゴ糖はビフィズス菌を増やし、腸内環境を整える役割を果たしています。
そのことにより、良い便が出た後も腸内を健康に保ちます。

納豆に含まれるリパーゼ・レシチンは脂質を代謝し、ナットウキナーゼは血液をサラサラにする効果があります。
便秘に悩む人だけではなく、肌荒れを防ぎたい、生理痛を軽減したいという点から納豆を冷蔵庫に常備しているという人は珍しくありません。
納豆にとって、便秘解消は効果の一端であり、他にもホルモンバランスを整える、精神を安定させる、骨粗鬆症を予防するなど便秘解消以外にもたくさんの効果があります。
ただし、納豆に含まれるイソフラボンには摂取上限があり、食事の中に豆腐や豆乳などが入ることなどを踏まえ、納豆の場合一日一パック程度が望ましいとされています。
すっきり生活を送る為に便秘解消を目指しましょう。